2009年07月11日

タバコラム その13 〜スモーカーズフェイス@〜



【スモーカーズ・フェイス】

〜ニコチンがビタミンCの吸収を抑え、皮膚は老化の一途。肌は黄ばみ、頬はこけ、シワやシミだらけの老け顔に〜


●情報が満載された顔は喫煙の履歴書●


タバコを吸うと血管が収縮し、血行障害をもたらします。
タバコの害は、呼吸器系や循環器系、消化器系、さらに手足や眼や鼻、歯ぐきや生殖器ばかりでなく、身体のなかでもっとも目立つ場所にも集まります。


それがです。


「ヘビースモーカーの顔は一目瞭然にわかる」とされるのは、長年喫煙を続けてきた情報が顔じゅうに網羅されているからなのです。



タバコを吸うと、顔の毛細血管が縮まり、顔の血流が悪くなります。

同時にニコチンがビタミンCの吸収を抑え、1日に必要なビタミンCを無効にしてしまいます。
それによって、シワやシミ、たるみが増え、肌荒れやソバカスになるのです。

おもに細胞と細胞をつなぐ、タンパク質のコラーゲンの合成に関与するビタミンC。


これが欠乏すると、シミやソバカスが顔にあらわれるだけでなく、身体が常にだるく、疲れやすくなり、風邪をひきやすい体質になります。

また、皮膚の変化はシワだけでなく、色やつやにもあらわれます。

目の下のクマ、下まぶたの下のたるみも顕著になります。

肌は黄ばみ、唇はどす黒く、とても不健康な顔になってしまいます。これは、性別に関係なくあらわれる現象です。


喫煙者は、このように実年齢よりもシワ、シミ、軽度に灰色がかった色素沈着の容貌の「スモーカーズ・フェイス」と呼ばれる特有の顔つきになります。


タバコは、肺や血管同様、顔全体を老化させてしまうのです。


0f1eeb82_240.jpg
NYの双子の姉妹。左が喫煙者。(どちらも50代)


にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
人気ブログランキングへ
応援お願い致します黒ハート
posted by K at 17:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タバコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。